ホーム > 開業・会社設立支援 > 会社設立までの準備

会社設立までの準備

今からが本当のスタートです

1)事業計画作成

あなたの思い描く事業内容を頭の中だけで考えていても事業は始まりません。
自分が思い描いた事業をどのようにして具体的に実現していくかを表したものが事業計画です。
事業計画に作成は具体的かつしっかりしたものを作る必要があります。
開業の際必要な資金を調達するために銀行への借入の際、提示する必要があるためです。
特に株式公開準備会社にとっては、避けては通れない作業です。

 

当会計事務所では、貴社の事業の思いつき・ひらめき・アイディアを、 事業計画の現実的な数字に落とし込むサポートを行います。

外部経営環境と内部経営環境を分析し、自社が適切に環境適応していることを明らかにします。
事業計画では、思い付きや希望的観測などではなく、客観的な財務モデルを構築する必要があります。事業計画の財務モデル構築においては、売上予測が最も重要な意味を持つといえます。

多くの人に、複数の視点で見てもらうことが重要です!

 

資金調達・融資を受けるための流れ

事前の相談

融資を受ける際、新規開業者と既業者では、金融機関側の審査基準が全く違います。基準が異なるので、ご依頼様に合った対策が必要となります。決算書が3期分必要な場合もありますので、書類の準備も大切になります。

 

2)	融資可能額の概算提示

ご依頼様の年収、金利、返済期間などを元に融資可能額を計算します。

 

3)	申込み・面談質問

融資の申込を行います。面談内容の質問に対してあたふたしないためにも、一緒に事前に準備万端にし、備えましょう。

 
【必要な書類】
  • 事業計画書
  • 設備投資の見積書
  • 申込み書類一式
  • その他関係書類(担保物件の時価資料、その他説明資料 など)

4)	金融機関での審査

提出した書類や面談をもとにあなたに融資をして本当に大丈夫か審査が行われます。場合によっては追加資料の提示や面談時以外の質問事項を求められたり、確認を再度される場合もあります。

 

5)	内定・必要書類の提出

無事審査が通りましたら、融資額、融資の期間、利率、据置期間などの詳細条件を決定します。

 

6)融資の実行(入金)

融資が受けられる日時は、資金の必要度にもよります。多くの場合は開業の1~2ヶ月前が多いように思います。

 

新着情報

一覧を見る

2017/10/22

「相続税・生前贈与」
無料相談会
(11月~)
のご案内
 


平成27年1月から、相続税の増税が実施されており、これまで以上に早めの相続税対策が必要です。

当事務所では、月2回「相続税・生前贈与」の無料相談会を開催しています。
事前予約制で行いますので、ご相談希望日時をお電話またはメールでご連絡ください。

  予約電話番号 0120-740-730 (フリーダイヤル)
 ※ メール予約は当HP右上の「メール予約はこちら」からどうぞ


(日程) 
11月19日(日)午後1時~午後4時
11月25日(土)午後1時~午後4時
(場所)光本会計事務所

12月10日(日)午後1時~午後4時
12月16日(土)午後1時~午後4時
(場所)光本会計事務所